ウエディングケーキ: 節約!自分で作る結婚式&披露宴・二次会

2015年12月31日

結婚式に使うウエディングケーキの意味とは何か?!

2015年も残すところ1日となりました。
まぁ〜今年は我が家でも新年からバタバタでしたが、何とか無事に新年を迎えられそうです。

2016年は、皆様にとって最高の年になりますように…。


さて前記事のプレゼント企画でしたが、残念ながら応募者の方がおりませんでしたので、また販売用にしておきます。もっと良い物をプレゼントしてよ!!って感じですかね〜 (笑)ヽ(^o^)丿

景品表示法と言うのがあって、人を集めるための派手な表示とかはダメ!!みたいな怖いあるんですよ〜
なので無料のレンタルブログでは、あまり目立つ事は避けた方が無難ですね。ブログ凍結とかブログ削除なども怖いですからね!(笑)



我が家では先週のクリスマスから、甘い物ばかり食べておりますが…。



IMG_4268.jpg


ケーキやシュークリーム、とろけるさつま芋など…。
ケーキは妙典にある、ボンクラージュというスイーツショップがお気に入りなのですが、西船橋の駅の中にある「Gateaux de Voyage (ガトー・ド・ボワイヤージュ)」と言うスイーツショップの窯出しパイカスターというシュークリームも美味しかったです。

パイ生地の上にシュークリームを乗せたようなスイーツでなめらかな程よい甘さのクリームがちょっと硬めのサクサクッとしたパイ生地と、ちょっと柔らかめのシュー皮と食感を、楽しみながら至福の時を味わえるスイーツでした。時々、パイ生地が歯に挟まる感じもたまりませんよ〜♪(^O^
)


その他に「とろけるさつま芋」と言うスイーツも必ずリピートしたい感じ。柔らかすぎて、切り分けにくいスイーツでしたが、マジでとろけるようなさつま芋の味と香りがたまりません!!
値段もお手頃で、また買いたいと思います。


それでは結婚式の関する話題をひとつ…。
ウエディングケーキと言えば結婚式には欠かせないアイテムですが、昔は何段にもなっているウエディングケーキが主流でしたね!!ですが現在ではあまり見かけなくなりましたね



ウエディングケーキ110.jpg


今は結婚式でケーキ入刀をした物をゲストに皆さんに切り分けて食べて頂きますが、昔はケーキ入刀とゲストに皆さんにお出しする物とは別でしたからね。何段にもなっているウエディングケーキは豪華だし見栄えもしましたからね!

そもそも結婚式のケーキを使う意味とは何なのか?調べてみました。特におめでたいからだけではなくて、一節によると…。

「将来を誓い合ったふたりがひとつのパンを分かち合って永遠の愛を誓った」というギリシャ神話から来ているようです。
西洋では悪魔は甘いものが嫌いと言う説もあり、魔除けの意味も込められているようです。


三段重ねのウエディングケーキは、下段は披露宴の出席者へ、中段は当日欠席した人、上段はこれから生まれてくる子供のために保存した。という時期もあり、イギリスでは今も上段は保管し第一子が生まれた日か結婚記念日に食べる風習が残っているそうです。


本来、ウエディングケーキには、「幸せをみんなで分かち合う」という意味「人生の幸福や繁栄、豊かさの象徴」というふたつの側面があります。自分で作る結婚式と言う意味では、手を抜けない大事な演出のアイテムであることは間違いないですね!



★芸能人にも人気の写真入りケーキ★


 

人数別で写真入りケーキを探す!!


ウエディングケーキの意味と和のテイスト&最新トレンドウエディングケーキ




本年も最後までのお付き合い有難うございました。
どうか来年も宜しくお願い致します!!

それでは、良いお年をお迎えくださいませ。 
nobuyuki



ウエディングケーキ その他の記事

最初のページに戻る ⇒節約!自分で作る結婚式&披露宴・二次会

posted by nobuyuki at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ウエディングケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



今もっとも旬な結婚式場・披露宴会場・ウェディングドレス試着&無料試食会