節約結婚式なら手作りの可愛いクラッチブーケ作り方: 節約!自分で作る結婚式&披露宴・二次会

2016年06月08日

節約結婚式なら手作りの可愛いクラッチブーケ作り方

6月に入り千葉県でも梅雨入りして、ハッキリとしない天気が続いています。洗濯物の乾きが悪いし、今日はむしむししていましたね。気温は暑くもなく寒くもなく、割と過ごしやすいんですけど…。

長友 佑都さんと平 愛梨さんが交際宣言をされてましたね。とても素敵なお二人、長友さんは結婚を前提にお付き合いをされているようで結婚の報告が楽しみです。周りが、あまり騒ぎ立てないと良いんですけどね!

平愛梨オフィシャルブログ ご報告 





さて、そう言えば先日「クラッチブーケ」を作ってみました。

IMG_4810.jpg


結婚式に使うブーケも色々とありますが…。
クラッチブーケとは

クラッチ(clutch)は英語で「ぎゅっとつかむ」という意味。
その名の通り、花材を片手で持てるくらいに小ぶりに束ねて、茎の切り口を揃えるだけにしたナチュラルなブーケ。

そう考えると、クラッチブーケなら自分で造花で作り上げるのも可能な訳なんですよ!!

クラッチブーケの特徴は…
野に咲く花を束ねたような軽やかで自然な雰囲気がこのブーケの魅力なので、まさにガーデンウェディングに適している。持ち方としては、両手だけでなく片手で軽く低く持って良いようです。


ちなみにクラッチブーケとラウンドブーケの違いは


 


通販などで購入する場合、ブーケを上から見ると分かりづらいかも知れませんね。横から見るとクラッチブーケの方は花の茎を束ねてリボンを巻いてあるだけなので、分かるかと思います。

ラウンドブーケの方は、ブーケの土台となるブーケホルダーに花を挿していき作りあげていきます。個人的にラウンドブーケも作ろうと思った事もあるのですが、完成したら何処に飾る?!おそらく邪魔になりそうなので断念しました(笑)





節約結婚式を考えている花嫁さんは、クラッチブーケなら見よう見まねで意外と、結婚式用のブーケに仕上がると思いますので手作りして、前撮りやプロフィールムービー用の素材、結婚式、二次会等にも幅広く活躍しますので良いのではないと思います。


ちなみに今回、私の作ったクラッチブーケの作り方はコチラ


まずはブーケにしたいお花を用意。

クラッチブーケの作り方4800.jpg

好みの順番でお花を揃えていきます。

クラッチブーケ4801.jpg

IMG_4802.jpg

ご自分のセンスで納得がいくまで時間をかけて、ゆっくりと行うと良いと思います。

花の配置が決まったら、指で押さえつけていた部分にワイヤーを巻き付けて固定していきます。


IMG_4803.jpg

IMG_4804.jpg

クラッチブーケを持った感じが、少し不安定な感じがしたので今回は、もう少し下の方もワイヤーで固定しました。


IMG_4806.jpg

これでブーケも安定感が出て持ちやすくなりました。
あとはワイヤーを巻き付けた部分を隠すようにフローラルテープを巻きました。


クラッチブーケ4807.jpg


これで、ほぼ完成なのですが、あとはブーケの下の部分の茎を切り揃えます。

IMG_4808.jpg

あとは、ご自分のお好みのリボンを巻き付ければクラッチブーケの完成!!


IMG_4810.jpg

ブーケを上から見るとこんな感じに見えます。サイズは横幅は約25センチ、長さ約30センチの大きさになりました。

クラッチブーケ4811.jpg

今回、こちらのクラッチブーケは、こちらのページで格安に販売しております。

手作りの大人可愛いヘアアクセサリー・花冠や花嫁が腕につけるリストブーケなどの格安販売


オススメの花材・造花のショップ
フラワーアレンジの花材が何でも揃う!はなどんやアソシエ








手作りのブーケ・装花 その他の記事

最初のページに戻る ⇒節約!自分で作る結婚式&披露宴・二次会

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック



今もっとも旬な結婚式場・披露宴会場・ウェディングドレス試着&無料試食会