2015年05月: 節約!自分で作る結婚式&披露宴・二次会

2015年05月20日

今さら人に聞けない!ジューンブライド(June Bride)の結婚式が幸せになれると言うその訳は


今日は5月20日。5月もあと10日ほどですね!
昨日の天気予報では、沖縄が梅雨入りしたとの事でした。関東甲信越地方の今年の梅雨入りも気になる所ですが、予想は6月の第1週か第2週目あたりらしいです…。


6月に結婚式を挙げるとジューンブライド(June Bride)と言われますよね!
6月は「JUNE」花嫁・新婦は「Bride」の言葉からなっており、「6月の花嫁」という事で、欧米では生涯幸せな結婚生活ができるという言い伝えから来ています。

ジューンブライド(June Bride)は、必ず幸せになれると噂されておりますが、ではなぜなんでしょうか?!



ジューンブライド019.jpg


◆ジューンブライドについて◆
諸説あるようですが、まとめると3つになります。



●6月「June」は豊穣と家庭の女神ユーノー(Juno)の月だから。ユーノーとは、ローマ神話で結婚をつかさどる女神。

●その昔ヨーロッパでは、3月から5月は、農作業の繁忙期で結婚が禁止されており、解禁になる6月に一斉に結婚するカップルが多かったために、6月は結婚のピークになりお祝いムード一色になったそうで、特に多くの人たちから祝福される、6月の花嫁は幸せになれる説。

●ヨーロッパでは一般的に6月は降水量が一番少なく安定している為に結婚式に向いている説。ヨーロッパでは6月12日が「恋人の日」なんていう物もあります。

この日は、恋人同士や夫婦でチョコレートやお花を贈りあう日で、役所が挙式だけではなく披露宴や新婚旅行の費用まで負担してくれるという事もあったようですよ!!
羨ましいですね〜 日本でも出来ないですかね。こんなイベント…。


以上のような事柄を、海外では6月の花嫁は幸せになれると伝えられ、それを知ったホテルマンが日本に紹介し、現在に至ると言うわけです。
フフフっ〜  なるほどですね!!



ちなみに娘たちの結婚式が行われた、2月26日の舞浜の天気は朝から大雨でした。
日本では6月は梅雨入りするところも多く、雨が降る可能性が高いかも知れません。
ですが!きっと誰かが《雨降って地固まる!!》って、なぐさめてくれるはずですよ〜

6月の花嫁さん!素敵な結婚式を挙げて下さいね!!


マイナビウエディング 挙式3か月前からの結婚式準備
直前!お得プランから結婚式場を探す!!

マイナビウエディング

ゼクシィnet

日記 その他の記事はこちら

最初のページに戻る ⇒節約!自分で作る結婚式&披露宴・二次会

posted by nobuyuki at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



今もっとも旬な結婚式場・披露宴会場・ウェディングドレス試着&無料試食会